個人的にお気に入りの風俗は、体験談を読んで見つけました!

個人的にお気に入りの風俗

時には娼婦のように

投稿日:2016年9月20日

砂漠に横たわる水着の女性
カラオケに行くと選曲でその人の音楽志向が見えてきます。最近の曲を難なく歌いあげる人は、上手いし研究熱心だと思います。自分は若い時に流行った歌と、接待用に昭和の頃の名曲も少し覚えています。誰の歌か忘れたけど「時には娼婦のように」と流れる歌もたまに歌います。昨年人妻系デリヘルを利用しました。ちょっとだけ賞与が上がった自分へのご褒美です。で、やってきたのは30代の嬢で、ブラウスに濃色のタイトなミニスカ、そして黒の柄物のパンストを履いていました。今では普通の格好でしょうけど、カラオケで見るMVだと昭和の娼婦のような格好とも言えます。昔はセクシーさを出し過ぎるのも浮いた感じだったので、今はいい時代とも言えます。ホテルに着いてプレイを始めると、それは正に「あの歌」の世界そのものです。時には娼婦のように、というか相手は風俗嬢ですから娼婦と同類です。肝心のプレイは30代なりのテクを駆使したもので実に気持ち良く、最後は口内発射して終わりました。

自然の恵みに感謝

ある地方に出張した時の話。繁華街も寂れたこの付近では夜の楽しみはあまりありません。諦めてホテルに戻ると、枕元に風俗雑誌がありました。暇なのでペラペラとページを捲ってみるといい感じのデリヘルを発見。電話をしてみると、宿泊中のホテルでも女の子を呼ぶことが可能ということで早速女の子を予約してホテルで待機していました。しばらくすると、ドアをノックする音がして女の子が到着。登場したのは垢抜けない感じの女の子のKちゃん。ちょっと背伸びした感じの田舎娘ですが、その感じがなかなかそそります。しかも、胸も結構なデカさ、聞いてみるとEカップもあるそうです。さっさとお風呂を済ませたらそっそく彼女の身体を堪能。感度も良好でえろい声で喘ぎます。顔を赤らめながら感じる姿は田舎娘特有ののえろさが感じられ興奮します。フェラをさせればかなり豪快、根元まで躊躇なく加える姿は田舎娘というよりは野性の女。69でお互いに責め合うと、彼女は身体を捩じらせて直ぐにイってしまいました。最後はお尻の穴を後ろから突いてやります。突くだびに淫らになる彼女に後ろからしがみ付く様に責め立てて彼女の尻穴に発射。自然の中で育った彼女はとってもえろくて最高でした。自然の恵みに感謝です。